So-net無料ブログ作成
検索選択

RCサクセションキタ━━(゚∀゚)━━!!! [音楽事業局]

今回は忌野清志郎さんのRCサクセションをご紹介させていただきます。

\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/\(゚∀゚)/

 

RCサクセションキタ━━\(゚∀゚)/━━!!!

清志郎キタ━━━\(゚∀゚)/━━━!!!

よォーこそ━━\(゚∀゚)/━!!! 

                  oi!  ''';;';';;'';;;,.,    ブーン・・・
                   oi!  ''';;';'';';''';;'';;;,.,   ブーン・・・
                    oi!  ;;''';;';'';';';;;'';;'';;;
                        ;;'';';';;'';;';'';';';;;'';;'';;;
         oi!  rっ        vymyvwymyvymyvyvymyvy、
             ||       mVvvMvyvmVvvmvyvmVvvmvyv、
             |/⌒ヽ /^ヽ (^^) /^ヽ (^^) /^ヽ(^^)/^ヽ
             (^ω^ )(ω^ )/⌒ヽ(^ω^)/⌒ヽ^ω^)  ( ^ω)-っ
       /⌒ \   |   _二二二つω^ )(\ ( ^ω^ )二⊃  /⌒ヽr
   ⊂二(^ω^ )二ノ   /( ^ω^ )   ⊂二\\_/⌒ヽ二二( ^ω^)二⊃
       ヽ    | (´ ._ノ ヽ   /⌒ヽつ  \( ^ω^)  |    /
        ソ  ) \\⊂二二二( ^ω^ )二二二⊃ ⊂_)  ( ヽノ
       ( < \  レ’\\   ヽ   /   i ) ノ     ノ>ノ
        \|\|      レ  (⌒) |   /ノ ̄     レレ
                      ⌒| /

                  / /___________________
                 / /  _____                    /
                 / /  /       |                  /
                / /  /        |       ___      /
               / /  /   / ̄ ̄|  l    /⌒ヽ__ |     /
               / /  /   /   / /   ( ^ω^ )  | |     /
              / /  /    ̄ ̄ /     ノ/ /  ノ    ̄    /
             / /  /   / ̄|  ̄    // / ノ           /
             / /  /   /  | |    ( し'  ̄ ̄ ̄/      /
            / /  /   /   | |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       /
            / /  /   /    | |     サクセション   /
           / /    ̄ ̄     ̄ ̄                 /
           / /____________________/
   /⌒ヽ    (  ̄)
  ( ^ω^) / /   RCサクセションの記事と聞いて、
/⌒  _ / / /     世界中からみんなで飛んできたお
 \    //_/\     みんなで清志郎をお見送りするお
    ̄ ̄ ̄(_二_)      清志郎、ありがとう!愛してるぜぇ!

  + λλλλλ  よォーこそ~~~♪ ワショーイ! 愛し合ってるかい?
   ∩ ゚∀゚)∩ よく来てくれた~♪ このコンサートに~~~♪ +
+  ヽ    ノ +  オーイエー♪ ガッタ♪ ガッタ♪
   ( つ ノ      \\  ヨーコソ~ ♪   ヨーコソ~ ♪ //
+  し' ( c)/■\( c)ノノノハ( c)λλλλλ( c)(())λλ( c)λλλλλ
 ̄ ̄ ̄|  \(´∀` )\(‘‘ )\(^∀^ )\(゚∀゚  )\(・ )
      |    (    つ (    つ (    つ (    つ (    つ
      |   / /\ \ ( (\ \ ( (\ \ ( (\ \ ( (\ \
      | (__)   (__)_)(__)(_)(__)(_)(__)(_)(__)

なんてこった!

「先に逝くんじゃねえ。バカヤロー」 by泉谷しげる 

「あいつの死は信じがたいし、似合わない。」 by泉谷しげる 

「ふざけんな、コノヤロー!!死んだなんて認めない」 by泉谷しげる

オレも認めない!

悲しい。悔しい。涙が止まらない。

40代を中心にオッサン達は皆泣いています   。・゚・(ノД`)・゚・。

私が忌野清志郎さんの訃報を知ったのは、5月2日23時台のNHKニュースでした。ちょうど、ブログのコメント書き巡回を終えて一息ついていたところでした。

NHKニュースがトップで清志郎の訃報を流した。清志郎!ヤッタな!お疲れ!ウエーン

2006年7月、忌野清志郎さんは喉頭癌であることを発表し、治療のため入院生活に入りました。その後、2007年12月8日、日本武道館で行われた「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演。2008年2月10日には、日本武道館において「忌野清志郎 完全復活祭」を開催しました。順調に回復しているものと思われておりました、2008年7月14日、癌の左腸骨への転移が判明したことを発表し、再び治療に専念することとなりました。

しかし、

2009年5月2日00時51分、忌野清志郎が癌性リンパ管症(癌細胞がリンパ管を塞栓したことによる肺の湿潤化)のため死去されました。享年58歳でした。

これまで何度も忌野清志郎さんのRCサクセションの記事を書こうと思っておりましたが、忌野清志郎さんの体調が優れていなかったことや、RCサクセションもまた大好きなバンドの一つであり、思い入れが強いバンドであっただけに、気持ち的になかなか書くことができずにおりました。

忌野清志郎さんの訃報を聞いた時は、一人のファンとして非常にショックを受けたというか、表現が変ですが何か同じ釜の飯を食った昔の戦友を失ったような心境になってしまいました。私がRCサクセションを主に聴いていたのは、RCサクセションがブレイクした10代半ばの頃で、ちょうどパンク・ニューウェーブが世界的に台頭した時期と重なります。

とにかく過激な音楽が好きだったあの頃は、忌野清志郎さんの派手なメイクとパンク・ヘアー、そして観客を飽きさせずに飛び跳ね動き回るステージ・パフォーマンスに興味を惹かれました。しかしながら、パンク以外はあまり受け付けなかったあの頃において、音楽的には普段あまり聴かないR&Bが中心ということから少しばかり躊躇しましたが、独特の世界観のある歌詞や進歩的な音楽的センスを持つRCサクセションについては、自分の中のルールにおいていつの間にか別格扱いというルールが出来上がっておりました。w

とまあ、そんなこんなで、

追悼という意味で、今回忌野清志郎さんのRCサクセションの記事を書かせて頂きます。

オレが書かずに誰が書く! ウワーン

忌野清志郎さん、本当に楽しませて頂きました。どうもありがとうございました。

(´;ω;`)

RHAPSODY NAKED (DVD付)

RHAPSODY NAKED (DVD付)

  • アーティスト: 忌野清志郎,金子マリ,永六輔,小林和生,みかん,仲井戸麗市
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル シグマ
  • 発売日: 2005/10/26
  • メディア: CD

ディスク:1 
1. Opening MC 
2. よォーこそ 
3. ロックン・ロール・ ショー 
4. エネルギー Oh エネルギー 
5. ラプソディー 
6. ボスしけてるぜ 
7. まりんブルース 
8. たとえばこんなラヴ・ソング 
9. いい事ばかりはありゃしない 
10. Sweet Soul Music~The Dock Of The Bay 
ディスク:2 
1. エンジェル 
2. お墓 
3. ブン・ブン・ブン 
4. ステップ! 
5. スローバラード 
6. 雨あがりの夜空に 
7. 上を向いて歩こう 
8. キモちE 
9. 指輪をはめたい 
ディスク:3 
1. よォーこそ (イントロダクションのみ) 
2. エネルギー Oh エネルギー 
3. ブン・ブン・ブン 
4. スローバラード 
5. 雨あがりの夜空に 
6. キモちE

RCパンフレット01.jpg

1982(昭和57)年1月27日、札幌市民会館で行われた「RC.SUCCESSION CONCERT TOUR THE ROCK'N 札幌公演」のチケットとパンフレット。当然一番前の席。最初から最後までダンス、ダンス。大盛り上がり。w

初めてRCサクセションのライブを見たのは確か1981(昭和56)年1~3月の冬頃で、STV(札幌テレビ放送)ラジオの主催によるライブだったと思うんだけど、会場はSTVホールで無料配布の整理券で入場することができたんだ。整理券は札幌の地下街オーロラタウンにあったSTVサービスコーナーで入手し、当日は友達と見に行ったんだ。会場のSTVホールは500席のホール・スタジオで、通路にも観客が溢れてもう超満員だったんだ。冬だったので厚着をしていたわけだけれど、場内は熱気ムンムンで湯気が立つほどだったんだ。RCサクセションのライブは超盛り上がりで、場内の湿度も上がりまくり。凄かったよー。まるでサウナに入ったみたいだった。RCサクセションは1980(昭和55)年5月18日にも札幌のジャズ・ブルース系のライブハウス・ビードロでライブを行ったんだけれど、お酒を出すお店ということから自粛したので、このSTVホールが最初だったんだ。wケラケラ
二度目は1982(昭和57)年1月27日、札幌市民会館で行われた「RC.SUCCESSION CONCERT TOUR THE ROCK'N 札幌公演」、チケットは当然一番前の席のチケットをゲットした。当日はダンススペースの広い一番前ということもあって、もう最初からノリノリだった。警備の方も他のコンサートよりも多かったような気がする。しかし、チャボがステージを降りて来たところを、隣の友達がダッシュで警備を突破したことから、フロアに観客が押し寄せてチャボもモミクチャになりながら演奏をしていた。そうこうしているうちに、警備側による強制排除が行われ客席に戻った。席に戻ったら警備員の親分みたいのが目の前にやって来て、顔をぺタペタ叩きながら「今度やったら・・・」どうのこうの言って来た。「オレじゃないっつーの。」って手を振り払ったら、それ以上はシツコクされなかったものの、非常に腹が立った。まあコッチは一番目立つ格好をしているし、警備員は仕事だから仕方ないが、相手を間違っているんだよな。審判だったら誤審だ。深入りすると会場から退出させられる可能性があるので、それ以上の抗議はしなかった。何だかなー。犯人はツレの一人だから、まあいいけど。w
三度目は1982(昭和57)年11月2日に、北海道厚生年金会館で行われた「RC SUCCESSION ON TOUR 1982 札幌公演」、約9か月ぶりのライブだったんだけれど、会場の客層がずいぶん変わっていたような気がする。前回よりも一般ピープルが増えた。ツレと場内を探索していたところ、ショルダーバッグを持った高校の先輩を名乗る男に声をかけられる始末。向こうはコッチを知っているらしいが、コッチは相手をぜんぜん知らない。まあ学校でも、ビジュアル的に目立った存在であったことは間違いないので、それは有り得るのだが。何か1年の間にRCサクセションのファン層が一般にまで拡大したようだ。ファンとしては嬉しい喜ぶべきことなのだが、コアなファンにとっては何だかつまらなさを感じた。よくあるこの勝手で不思議な感覚って何なんだろう。これまた、まあいいけど。wゲラゲラ
話は変わって、忌野清志郎さんといえばFM東京事件wや反原発など、ラジカルな部分が大きいポリティカル・ロック・ミュージシャンと言える。最期までそれを貫いた。ラブ・ソングばかり歌うアマっちょろいミュージシャンとは一味も二味も違う。一応ビジネス的に成功を収めた後なので、駆け出しの若手とはシチュエーションは違うが、守るべき家族を持ちながらイデオロギー的題材を表面に出して活動するということは、なかなかできることではない。正に反骨のロックン・ローラー。そういう意味でも忌野清志郎さんは多くのミュージシャンに多大な影響を与えた偉大なロッカーといえる。君にはそういう生き方が真似ができるかね。それから、忌野清志郎さんは自慢話をあまりしなかったらしいが、高校時代の同級生である俳優の三浦友和について、「三浦友和にギターを教えたのはオレだ。」が唯一の自慢話だったらしい。wガッタ、ガッタ、クスクス
今全国のおっさん、特に40~50代のおっさんは、GWだというのに悲しみに暮れている。YOUTUBEのRCサクセションや忌野清志郎さん関連ページのアクセス数は急速に上昇し、CDやDVDもバカ売れしているようだ。忌野清志郎さんの公式ウェブサイトの方は現在見ることができない状況だが、訃報が入った時点に見たときには、ファン葬の告知があった。9日であったと思うが、在京のファンの方にはぜひ参列して欲しいな。てことで、ビデオの続き見ようか。w

────v─────────
    λλλλλ              _  ∩ モッズパンツさん、
    ( ´∀`)∩-~         ( ゚∀゚)彡 RCサクセションはイイっすねー
_と_     ノ_  ∀  ∀   (  ⊂彡  清志郎! 清志郎
    ヽ/^_), | ┷┳┷   |   |    おっぱい! おっぱい
 ̄ ̄ ̄ ̄し'J ̄ ̄|  ┃     し ⌒J
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    ┻              _________
                             | |           |
       昨日は駐車場で寝た ~♪     | |           |
         彼女と手をつないで ~♪    | |           |
                             | |           |
                                ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄| ̄ ̄ ̄
                            | ̄ ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

(´・ω・`)RCサクセション ナツカシス 

反原発、子煩悩、自転車

生き方がロック

最期まで反骨精神を貫き、

最期までロックンローラーだった忌野清志郎の

RCサクセションとは 

忌野清志郎 (ボーカル、ギター 1968年~)
小林和生 (林小和生、リンコ・ワッショー ベース、コーラス 1968年~)
破廉ケンチ (ギター、コーラス 1968年~1977年)
仲井戸"CHABO"麗市 (ギター、ボーカル、コーラス 1978年~)
新井田耕造 (ドラム 1978年~1990年)
小川銀次(ギター 1979年~1980年)
Gee2wo (ゴンタ2号、G2、柴田義也 キーボード、コーラス 1980年~1990年(数年サポートメンバーを務め正式メンバーとなる)

サポートメンバー

春日博文 (ギター、ドラム 1978年および1990年~1991年)
厚見玲衣 (キーボード 1990年~1991年)
三浦友和 (俳優 パーカッション 1970年代前期)
佐山雅弘 (セクシー佐山 キーボード 1975年頃)
鈴木ウータン正三 (元ペドロ&カブリシャス  ドラム 1975年頃)
阿部昇 (ギター 1976年頃)
土井耕太郎 (ドラム 1977年頃)

「生活向上委員会(ブルーデイ・ホーンズ)」梅津和時、片山広明 (ホーンセクション エレキ化以降)

 

RCサクセション ヒストリー

1966年、中学校の同級生であった忌野清志郎、小林和生、破廉ケンチの3人がバンド「ザ・クローバー」を結成する。

1967年、3人の高校進学により「ザ・クローバー」は解散した。忌野清志郎と小林和生は、武田清一と共に「リメインダーズ・オブ・ザ・クローバー」を結成。

1968年、「リメインダーズ・オブ・ザ・クローバー」が自然消滅。その後、破廉ケンチがバンドに復帰し、「リメインダーズ・オブ・ザ・クローバー・サクセション」となり、バンド名は省略され「RCサクセション」と命名される。

「RCサクセション」のバンド名は、「ある日(バンドを)作成しよう」をもじったとされているが、真相はここにあった。w

1969年、TBSテレビ「ヤング720」のオーディションに合格。続いて8月29日、東芝主催の「カレッジ・ポップス・コンサート」オーディションで3位となる。

1970年3月5日、東芝音工(現東芝EMI)よりファースト・シングル「宝くじは買わない」でデビュー。同年12月5日、シングル「涙でいっぱい」をリリース。

1971年、渋谷のライブハウス「青い森」でフォークグループ「古井戸」の仲井戸麗市と出会う。

1972年2月5日、サード・シングル「ぼくの好きな先生」をリリース。ヒットする。同年2月、ファースト・アルバム「初期のRCサクセション」をリリース。同年7月5日、シングル「キミかわいいね」をリリース。同年12月20日、シングル「三番目に大事なもの」をリリース。同年12月、セカンド・アルバム「楽しい夕に」をリリース。

1976年1月21日、シングル「スローバラード」をリリース。同年4月、サード・アルバム「シングル・マン」をリリースするが、1年後に廃盤となる。同年10月11日、シングル「わかってもらえるさ」をリリース。

1977年、破廉ケンチが脱退。

1978年、春日博文が参加し、RCサクセションはフォークからロック・R&Bへと音楽形態を変える。その後、仲井戸麗市と新井田耕造が加入しRCサクセションの黄金期を形成される。この頃から、忌野清志郎はど派手なメイクとパンク・ヘアーに派手な衣裳でステージに立つようになる。

1979年7月21日、シングル「ステップ!」をリリース。同年、春日博文に代わり、小川銀次が加入。RCサクセションのライブパフォーマンスが評判となり、マスコミへの露出が多くなる。ジョニー・ルイス&チャーの前座として、初めて日本武道館のステージに立つ。音楽評論家の吉見佑子らがサード・アルバム「シングルマン」再発実行委員会を発足、ポリドールとの折衝が繰り返され、300枚限定の自主制作という形でで再発売が決定する。

RC人気に火がつく

1980年1月21日、シングル「雨あがりの夜空に」をリリース。同年、渋谷のライブハウス「屋根裏」で4DAYSライブを開催。述べ800人の観客動員数を達成し、「屋根裏」の動員記録を打ち立てる。渋谷公会堂で行われたシーナ&ロケッツ、バウワウとのジョイントライブでは約2000人の観客を動員。同年5月21日、シングル「ボスしけてるぜ」をリリース。同年6月エレキ化後の初のアルバム「ラプソディー」をリリース。半年以上のロングランヒットとなる。小川銀次が脱退。数年サポートメンバーとして参加していたゴンタ2号ことGee2wo(柴田義也)が正式メンバーとなる。同年8月、サード・アルバム「シングル・マン」が再発売される。同年10月28日、シングル「トランジスタ・ラジオ」をリリース。同年12月、アルバム「PLEASE」をリリース。

1981年、日本武道館において初の単独公演。この年より10年連続で武道館クリスマスライブを行う。この年はその他にも年間100本近いライブを行った。同年6月、ベスト・アルバム「EPLP」をリリース。同年11月、アルバム「BLUE」をリリース。

1982年、忌野清志郎が坂本龍一(イエロー・マジック・オーケストラ)と、資生堂82春のキャンペーンソングであるシングル「い・け・な・いルージュマジック」をリリース。PVでは派手なメイクの二人が男同士でキスをするなど、その過激なパフォーマンスが話題となった。同年、RCサクセションはサム・ムーア、チャック・ベリーらとジョイントライブを開催した。同年3月、ベスト・アルバム「ハードフォーク・サクセション」をリリース。同年3月、ライブ・ビデオ「RC SUCCESSION AT BUDOHKAN」(1981年に行われた初の武道館公演の映像)をリリース。同年4月、アルバム「Yeahhhhhh...at武道館」(カセットテープのみの発売、未CD化)をリリース。同年6月23日、シングル「サマーツアー」をリリース。同年10月、アルバム「BEAT POPS」をリリース。同年12月、サム・ムーア、チャック・ベリーとの共演盤アルバム「THE DAY OF R&B」をリリース。同年12月15日、シングル「つ・き・あ・い・た・い」をリリース。

1983年6月1日、シングル「Oh! Baby」をリリース。同年7月、アルバム「OK」をリリース。同年、ライブ・アルバム「THE KING OF LIVE」をリリース。同年11月7日、シングル「ベイビー!逃げるんだ。」をリリース。

1984年4月、ライブ・ビデオ「THE KING OF LIVE」(1983年のクリスマス武道館公演の映像)をリリース。同年7月21日、シングル「不思議」をリリース。同年7月、ベスト・アルバム「EPLP-2」をリリース。同年11月、アルバム「FEEL SO BAD」をリリース。

1985年、RCサクセションは自分たちの事務所「うむ」を設立。西武劇場(現PARCO劇場)で独立記念コンサート「スーパーエイプリルフール」を開催した。ゲストには泉谷しげる、坂本龍一、矢野顕子、三浦友和らが参加した。同年4月21日、シングル「すべてはALRIGHT(YA BABY)」をリリース。同年11月21日、シングル「スカイ・パイロット」をリリース。同年11月アルバム「HEART ACE」をリリース。同年12月、ビデオ「SPADE ACE」(「FEEL SO BAD」と「HEART ACE」からのビデオクリップ集)をリリース。

1986年4月、ミニ・アルバム「NAUGHTY BOY」(未CD化)をリリース。同年11月、ライブ・ビデオ「the TEARS OF a CLOWN」(夏の日比谷野音ライブの映像)をリリース。

1987年、忌野清志郎が初のソロアルバム「RAZOR SHARP」をリリース。

1988年、東芝EMIより発売予定だったシングル「ラブ・ミー・テンダー」とアルバム「COVERS(カバーズ)」が、収録曲の歌詞の問題で発売中止となったが、結局古巣キティレコード(現ユニバーサルミュージック)から発売され、初のチャート1位を獲得する。同年2月、アルバム「MARVY」をリリース。同年3月25日、シングル「NAUGHTY BOY」をリリース。同年8月15日、シングル「ラブ・ミー・テンダー」をリリース。同年8月、アルバム「COVERS」をリリース。同年12月、ライブ・アルバム「コブラの悩み」をリリース。

1989年1月、ライブ・ビデオ「コブラの悩み」(1988年8月の日比谷野音ライブの映像)をリリース。同年HARD TIMES LIVE ツアーはリリースされていない新曲中心という異例の構成で行われる。また、レコード会社に対する不満からステージ上で「録音自由化」を宣言。忌野清志郎のザ・タイマーズがファースト・アルバム「THE TIMERS」をリリース。シングル「デイ・ドリーム・ビリーバー」がカップラーメンのCMに使用されヒットする。

1990年、Gee2wo、新井田耕造が相次いで脱退。アルバム「Baby a Go Go」をリリース。続くツアーは札幌、仙台、福岡、名古屋、大阪および日本武道館のみ行い、以降翌年のツアーはすべてキャンセルされる。同年9月5日、シングル「I LIKE YOU」をリリース。同年9月、アルバム「Baby a Go Go」をリリース。同年11月、ベスト・アルバム「BEST OF RC SUCCESSION 1970-1980」と、「BEST OF RC SUCCESSION 1981-1990」をリリース。同年11月、ライブ・ビデオ「ミラクル 20th Anniversary」(1990年8月の日比谷野音ライブの映像)をリリース。

1991年1月、RCサクセションが無期限活動休止に入る。事務所「うむ」は解散同年2月6日、シングル「スローバラード (RE-MIXED VERSION) 」をリリース。忌野清志郎が個人事務所「ベイビィズ」を設立。

(´・ω・`)

1993年、忌野清志郎がプライベートスタジオ「ロックンロール研究所」を設立。

1994年6月、ライブ・ビデオ「RHAPSODY ~the video~」(「RHAPSODY」の映像版)をリリース。

1995年9月、ベスト・アルバム「ソウルメイツ」をリリース。忌野清志郎が映画「119」の音楽担当として日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。インディーズレーベルSWIM RECORDSを設立。

1998年7月、ライブ・ビデオ「THE ROCK'N' ROLL SHOW 80/83」(「THE KING OF LIVE」と「RHAPSODY ~the video~」のリマスターDVD)をリリース。同年12月、ベスト・アルバム「SUPER BEST」をリリース。忌野清志郎がフジロックフェスティバル初出演。

2000年、忌野清志郎が日本武道館において30周年記念イベント「RESPECT!」を開催。

2002年6月、ベスト・アルバム「ゴールデン☆ベスト」をリリース。忌野清志郎がせがわきりとの共著による絵本「ブーアの森」を発表。忌野の名義で「ブーアの森」のマキシ・シングルがavex ioからリリース。

2003年10月、ライブ・ビデオ「ライブ帝国 RCサクセション」(1980年代後半、テレビ神奈川で放送されたTVライブの映像)をリリース。同年11月、ライブ・ビデオ「ライブ帝国 RCサクセション 80's」(テレビ神奈川「ファイティング80's」で放映された1980年~1981年のライブ映像)をリリース。同年12月ライブ・ビデオ「ライブ帝国 RCサクセション 70's」(テレビ神奈川「ヤングインパルス」の1972年4月~9月のライブ映像)をリリース。

2005年6月、ベスト・アルバム「Wonderful Days 1970-80」と、「Greatful Days 1981-90」をリリース。同年10月、ライブ・アルバム「RHAPSODY NAKED」をリリース。

がん告白、闘病生活   (´・ω・`)

2006年7月、忌野清志郎が公式ウェブサイト地味変にて喉頭癌であることを発表。治療のため入院生活に入る。

2007年12月8日、忌野清志郎が日本武道館での「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ」に出演。

2008年2月10日、忌野清志郎が日本武道館において「忌野清志郎 完全復活祭」を開催。つめかけた13,000人のファンの前で全24曲を歌いきった。大阪フェスティバルホール、京都会館第一ホールにおいて追加公演を行う。同年7月8日放送のテレビ朝日「徹子の部屋」に出演。同年7月14日、忌野清志郎が癌の左腸骨への転移が判明したことを公式ウェブサイト地味変で発表。夏の野外フェスティバル、ライブはすべてキャンセル、再び治療に専念することとなる。同年9月、原田郁子のアルバム「銀河」にコーラス、アコースティックギター、ブルースハープで参加。同年11月20日、ブルーノート東京で行われたBooker T & The MG'sのライブに飛び入り。「ソウルマン」と「ミッドナイトアワー」を熱唱した。同年12月17日、間寛平のアースマラソンの応援歌を作詞・作曲しビデオで披露した。

2009年5月2日00時51分、忌野清志郎が癌性リンパ管症(癌細胞がリンパ管を塞栓したことによる肺の湿潤化)のため死去。享年58歳。

2009年5月4日、都内の斎場でロック葬が営まれた。約110人の関係者が参列した。出棺時には今年3月に収録した遺作曲「Oh! RADIO!」が流れた。

2009年5月9日、東京都青山葬儀所で忌野清志郎さんの葬儀式「青山ロックンロールショー」が営まれた。葬儀式の参列者は弔問受付を終了した午後10時半の時点で4万3000人に達した。行列の長さは午後2時半ごろがピークで、葬儀所を取りまいた上、地下鉄乃木坂駅周辺に達し、最長約8kmに及んだ。天皇陛下を除く日本の有名人の葬儀式としては参列者数歴代2位となった。歴代1位はhide(X-JAPAN)さんの5万人、3位は美空ひばりさんの4万2000人、、4位は坂井泉水(ZARD)さんの4万100人、5位は吉田茂(元首相)の4万人、6位は尾崎豊さんの3万7500人、7位は渥美清さんの3万5000人、同7位で黒澤明監督の3万5000人、9位は石原裕次郎さんの3万3500人。

(´;ω;`)

つべ

アクセス数、コメント欄が急増。皆泣いている。

YouTube - RC SUCCESSION よォーこそ 【7:47】 http://www.youtube.com/watch?v=RF5bdW4XRZQ&feature=related

YouTube - スローバラード 【4:33】 http://www.youtube.com/watch?v=qVbv0gEO70s&feature=related

YouTube - RC Succession - トランジスタ・ラジオ 【6:13】 http://www.youtube.com/watch?v=jCZSmXSD2OQ&feature=related

YouTube - 雨上がりの夜空に 【5:05】 http://www.youtube.com/watch?v=xl87agHPz7M

YouTube - 忌野清志郎 & 坂本龍一 い・け・な・い ルージュマジック 【4:03】 http://www.youtube.com/watch?v=tvUZkqAgB_E&feature=related

「ざまぁみやがれぃ」 by清志郎

The Timers 正にラジカル!

テレビでよくヤッタ!これぞ真のロッカー

1989年、フジテレビ「ヒットスタジオR&N」の生放送にザ・タイマーズで出演した際に、5曲連続の演奏のうち、2曲目を突如変更して、「FM東京のうた」をゲリラ的に演奏した。これはFM東京によりRCサクセションの「ラブ・ミー・テンダー」やTEARDROPSの「谷間のうた」が放送禁止措置にされたため、それに対する抗議であった。

YouTube - The Timers - FM Tokyo http://www.youtube.com/watch?v=qV0fcY99keI

YouTube - タイマーズのテーマ FM東京 デイドリームビリーバー イモ http://www.youtube.com/watch?v=yfK3KLT9TwU&feature=related

アクセス数うなぎのぼり。コメント欄スゴイことになっている。何件あるんだ?wゲラゲラ

読むだけで泣けてくる。何かを吹き飛ばしたい時にまた見に行くぜ。w

 

TIMERS

TIMERS

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 1989/11/08
  • メディア: CD

RC SUCCESSION Discography

RCサクセション ディスコグラフィー

オリジナル・アルバム

初期のRCサクセション   (1972年2月)

初期のRCサクセション(紙ジャケット仕様)

初期のRCサクセション(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

楽しい夕に   (1972年12月)

楽しい夕に(紙ジャケット仕様)

楽しい夕に(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

シングル・マン   (1976年4月、再発売1980年8月)

シングル・マン(紙ジャケット仕様)

シングル・マン(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

ラプソディー   (1980年6月)

RHAPSODY(紙ジャケット仕様)

RHAPSODY(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

後にフルバージョンが収録された「ラプソディー・ネイキッド」。

RHAPSODY NAKED (DVD付)

RHAPSODY NAKED (DVD付)

  • アーティスト: 忌野清志郎,金子マリ,永六輔,小林和生,みかん,仲井戸麗市
  • 出版社/メーカー: ユニバーサル シグマ
  • 発売日: 2005/10/26
  • メディア: CD

PLEASE   (1980年12月)

PLEASE(紙ジャケット仕様)

PLEASE(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

BLUE   (1981年11月)

BLUE(紙ジャケット仕様)

BLUE(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

Yeahhhhhh...at武道館   (1982年4月)

カセットテープのみの発売。未CD化。

BEAT POPS   (1982年10月)

ビート・ポップス(紙ジャケット仕様)

ビート・ポップス(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

THE DAY OF R&B   (1982年12月)   サム・ムーア、チャック・ベリーとの共演盤

THE DAY OF R&B(紙ジャケット仕様)

THE DAY OF R&B(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

OK   (1983年7月)

OK(紙ジャケット仕様)

OK(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

THE KING OF LIVE   (1983年)   ライブ盤

KING OF LIVE(紙ジャケット仕様)

KING OF LIVE(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

FEEL SO BAD   (1984年11月)

FEEL SO BAD(紙ジャケット仕様)

FEEL SO BAD(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

HEART ACE   (1985年11月)

ハートのエース(紙ジャケット仕様)

ハートのエース(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

NAUGHTY BOY   (1986年4月)

新曲2曲とリミックス曲2曲を収録したミニアルバム。未CD化。

the TEARS OF a CLOWN   (1986年10月)   ライブ盤

THE TEARS OF A CLOWN(紙ジャケット仕様)

THE TEARS OF A CLOWN(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

MARVY   (1988年2月)   オリジナルアルバムとしては初の2枚組

MARVY(紙ジャケット仕様)

MARVY(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

COVERS   (1988年8月)

カバーズ(紙ジャケット仕様)

カバーズ(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

コブラの悩み   (1988年12月)   ライブ盤

コブラの悩み(紙ジャケット仕様)

コブラの悩み(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

Baby a Go Go   (1990年9月)

Baby a Go Go(紙ジャケット仕様)

Baby a Go Go(紙ジャケット仕様)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2008/07/02
  • メディア: CD

べスト・アルバム

 (・∀・)イイ

ゴールデン☆ベスト(ユニバーサル編)   (2002年6月)

ゴールデン☆ベスト RCサクセション

ゴールデン☆ベスト RCサクセション

  • アーティスト: RCサクセション,忌野清志郎,高石友也,岩谷時子,G.1.238.471,仲井戸麗市,みかん,星勝,椎名和夫
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2004/02/25
  • メディア: CD

Wonderful Days 1970-80   (2005年6月)

WONDERFUL DAYS 1970-80

WONDERFUL DAYS 1970-80

  • アーティスト: 忌野清志郎,永六輔,小林和生,みかん,仲井戸麗市
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2008/12/17
  • メディア: CD

Greatful Days 1981-90   (2005年6月)

GREATFUL DAYS

GREATFUL DAYS

  • アーティスト: 忌野清志郎,E.Presley,S.Adamo,G忌麗,仲井戸麗市,V.Matson,岩谷時子,春日博文
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/06/01
  • メディア: CD

ビデオ・DVD

RC SUCCESSION AT BUDOHKAN   (1982年3月)   1981年に行われた初の武道館公演の映像。

RC SUCCESSION AT BUDOHKAN [DVD]

RC SUCCESSION AT BUDOHKAN [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • メディア: DVD

THE KING OF LIVE   (1984年4月)   1983年のクリスマス武道館公演。

KING OF LIVE AT BUDOHKAN [DVD]

KING OF LIVE AT BUDOHKAN [DVD]

  • 出版社/メーカー: ハピネット・ピクチャーズ
  • メディア: DVD

☆ 

THE ROCK'N' ROLL SHOW 80/83   (1998年7月)   1984年発売の『THE KING OF LIVE』と1994年発売の『RHAPSODY 〜the video〜』をリマスターDVD化。 

ザ・ロックン・ロール・ショー 80/83 [DVD]

ザ・ロックン・ロール・ショー 80/83 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ユニバーサルJ
  • メディア: DVD

 

ライブ帝国 RCサクセション   (2003年10月)   1980年代後半、テレビ神奈川で放送されたTVライブ映像。

RCサクセション [DVD]

RCサクセション [DVD]

  • 出版社/メーカー: デジタルサイト
  • メディア: DVD

ライブ帝国 RCサクセション 80's   (2003年11月)   1980年〜1981年にテレビ神奈川『ファイティング80's』で放映されたTVライブ映像。

ライブ帝国 RCサクセション early 80’S [DVD]

ライブ帝国 RCサクセション early 80’S [DVD]

  • 出版社/メーカー: デジタルサイト
  • メディア: DVD

ライブ帝国 RCサクセション 70's   (2003年12月)   テレビ神奈川『ヤングインパルス』の1972年4月〜9月のライブ映像。

ライブ帝国 RCサクセション 70’s [DVD]

ライブ帝国 RCサクセション 70’s [DVD]

  • 出版社/メーカー: デジタルサイト
  • メディア: DVD

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 [DVD]

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館 [DVD]

  • 出版社/メーカー: UNIVERSAL MUSIC K.K(P)(D)
  • メディア: DVD

ブルーノートブルース忌野清志郎 LIVE at Blue Note TOKYO [DVD]

ブルーノートブルース忌野清志郎 LIVE at Blue Note TOKYO [DVD]

  • 出版社/メーカー: MILESTONE CROWDS
  • メディア: DVD

RCパンフレット02.jpg

1982(昭和57)年11月2日、北海道厚生年金会館で行われた「RC SUCCESSION ON TOUR 1982 札幌公演」のチケットとパンフレット。w

いけないルージュマジック.jpg

1982年、忌野清志郎と坂本龍一によるシングル「い・け・な・いルージュマジック」。資生堂82春のキャンペーンソングであった。 オー、ベイベー♪ オー、ベイベー♪ いけない、ルージュマージック♪

。・゚・(ノД`)・゚・。

(^ー^)ノシ

☆ キタ━━━(゚∀゚)━━━!!! Archives ☆

キャロルキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2009-04-14 

ディープ・フォレストキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2009-03-11

ABBAキタ━━(゚∀゚)━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2009-02-20

傷だらけの天使キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2009-02-02

PILキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2008-12-20

爆裂都市 BURST CITYキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2008-03-11

トンプソン・ツインズキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2008-02-04

プラスチックス復活キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2007-09-08

トーキング・ヘッズキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2007-09-01

マーティン・デニーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2007-07-21

YMOキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2007-02-10

ROXY MUSICキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2007-02-03

2007年ロックの殿堂キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2007-01-15

デヴィッド・ボウイキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2007-01-21

The Policeキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-12-22

THE CLASHキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-11-19

さらば青春の光キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-10-22

dj hondaキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-09-07

スーパーロックKYOIキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2006-09-23

エコー&ザ・バニーメンキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-08-24

KEY OF LIFEキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2006-08-11

ボブ・マーリーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-07-28

ミッシェル・ポルナレフキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2006-06-21

KISSまたキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2006-05-20

ジューシィ・フルーツキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-04-12

TheJamキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-03-04

THE SPECIALSキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-02-18

ジェットストリームキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2006-02-01

エンヤキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2005-12-28

時計じかけのオレンジキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-12-23

SexPistolsキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-12-18

スネークマンショーキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-12-14

MELONキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-12-09

ロックの殿堂キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!(セックス・ピストルズ受賞)

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-12-2

戸川純キタ━━━(‘∀‘)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-10-18

KISS1977東京キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://modspants.blog.so-net.ne.jp/2005-08-05

プラスチックスきた━━━(‘∀‘)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-07-24

MODSキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-07-18

☆ 

AAアジト公開中! 

AAアジト  http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-11-12

AAアジト2 http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2005-12-27 

AAアジト3 http://blog.so-net.ne.jp/modspants/2006-07-08 new

 

*    n ∧_∧ n   *
 *  (ヨ(* ´∀`)E)    *
*     Y     Y   *

nice!(22)  コメント(57)  トラックバック(1) 

nice! 22

コメント 57

のり君

私の場合、世代がずれているので、よくわかりませんが、ロックの新しい世界を切り開いた方だと思っています。
謹んで、ご冥福をお祈りいたします。
by のり君 (2009-05-05 20:47) 

sara

おじさんだけじゃなく、おばさんも泣いております〜。(仲間に入れてね(笑)。
私は、特にRCが好きと限った訳では無く、ROCKファンでした。
清志郎さんは性格も、おどけたところも大好きです☆ (^^) イェ〜イ♪
それにしても、やっぱり悲しいよ〜! でも、最後までロックしていたねっ☆
by sara (2009-05-05 23:35) 

U3

都立日野高校の出身らしいですね。
年代が近い事もあって、またある人と同窓であった事もあって
親近感がある人でした。
わたしはパンク風ではなく初期のニューミュージックといわれた時代に
存在し、活躍したRCサクセションが好きでした。
by U3 (2009-05-06 06:15) 

旅爺さん

歌が上手いとは思わないけど、怒鳴って歌うような心から吐き出して歌う歌い方は好きでした。
by 旅爺さん (2009-05-06 06:59) 

kimiko

RCサクセション、30年前頃はほとんど知らなかったのですが、
いつ頃からか好きになっていました。
こんなに詳しく紹介してくれたモッズパンツさんの足元にも及びませんが
キヨシロ―さんのロック魂とやさしいお人柄が好きでした。
泉谷しげる氏のコメントが印象的でしたね。。
皆の心の中ではずっと生きつづけていくことでしょう。
by kimiko (2009-05-06 11:18) 

モッズパンツ

>>のり君さん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
RCサクセションがブレイクし活躍していたのは、主に1980年代ということもありますので、20~30代の方々にはあまり馴染みがないかもしれませんね。w (^ω^)b
忌野清志郎さんはロッカーとして多くのミュージシャンに影響を与えたばかりではなく、様々な分野の方にもその一貫したものの考え方や生き方など、多くの事柄において影響を与えていたようです。のり君さんも機会がございましたら、RCサクセションを聴いてみて下さいね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-06 15:23) 

モッズパンツ

>>saraさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
そうそう。GWだというのに全国でおじさんもおばさんも悲しくて、悔しくて泣いておりますね。今でも信じたくない思いでイパーイです。w ( ・∀・)人(^ω^ )ナカーマ
忌野清志郎さんのRCサクセションのファッションや音楽にはイロイロな意味で影響を受けました。パンク・ニューウェーブ一辺倒だったあの頃、ブルースの良さや奥深さを教えてくれたのもRCサクセションでした。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-06 15:25) 

モッズパンツ

>>U3さん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
U3さんもなかなかお詳しいですねー。というか、初期のRCサクセションをご存知の大先輩ですね。私もRCサクセションのフォーク時代の名曲「僕の好きな先生」は好きな曲の一つです。ほのぼのとして本当に良い曲ですよね。w (^ω^)b
忌野清志郎さんについてマスコミでは反骨精神を持つ異色のロッカーとして紹介しているようですが、現在の日本の音楽シーンにおいて、本来の意味でのロックを一貫して実践しているミュージシャンは少ないですね。忌野清志郎さんは本当に凄いミュージシャンであったと思います。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-06 15:27) 

モッズパンツ

>>旅爺さん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
そうなんですよね。忌野清志郎さんのあの独特の歌いまわしやパフォーマンスは、誰にもなかなか真似できませんね。w (^ω^)b
RCサクセションを主に聴いていた10代の頃は、その世代特有の心に染み入る歌詞の目白押しで、これでもかっというくらいグサグサ突き刺さってきました。当時も今も忌野清志郎さんの才能を本当に感じますね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-06 15:29) 

モッズパンツ

>>kimikoさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
kimikoさんもRCサクセション・ファンなのですね。うれしいなー。忌野清志郎さんはお子さんが生まれてから子煩悩と言われておりましたが、当時自分の力で子供を守るために体力作りを始めたそうですね。自転車もその一つであったようです。こういう一面を知るとますます好きになりますね。w (^ω^)b
泉谷しげるさんは忌野清志郎さんとは、いわゆる戦友というか、よく知っているだけに、本当に悔しかったのでしょうね。泉谷しげるさんの人柄が表れたコメントでしたね。言いたいことが分かるだけに、見ていて泣けてきますね。入院中は泉谷さんだけ面会謝絶だったようですね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-06 15:31) 

Tad

私より1〜2歳上だと思います。
あの過激さにはまったく付いて行けませんでしたが、最近になって自分の周囲のいろんなシガラミが薄れてくるにつれ、カゲキな行動してみたくなってきてます。つくづくヘタレだぜ>自分( ̄▽ ̄;)

それにしても、このような記事はモッズパンツさんしか書けませんね。しかも、それはツラい役目だったと思います。

知人が他で書いてました。「きっとまた別の身体で歌ってるよ、彼は」
私もそう思います。
by Tad (2009-05-06 18:18) 

モッズパンツ

>>Tadさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
やさしいお言葉を誠にどうもありがとうございます。忌野清志郎さんのRCサクセションには、少年時代に良くも悪くも大きく影響を受けましたので、訃報を聴いた時は本当にショックでした。今でも悲しくて悔しくて信じたくない気持ちでいっぱいです。w (^ω^)b
清志郎さんのロック魂というか、ロッカーとしての生き様は本当に格好良かったですね。ラジカルな部分においても、日本のロック界の中では特別な存在でしたね。社会性のあるメッセージ・ソングや様々なタブーを破っていく姿は痛快でした。「きっとまた別の身体で歌ってるよ、彼は」というそのお言葉、信じたいですねー。w
(´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-06 22:25) 

Ryo

なんというか・・・自分の音楽仲間がガン闘病しているので・・・こういうニュースは非常に厳しいですね。
ラウドネスの樋口宗孝さんが亡くなったときもそうだったんですが。

RC自体は音楽的交わりがあまりなかったので、良く聴くことは無かったのですが、小川銀次さんが好きだったので、その絡みでチラホラ聴いていた・・・という感じです。
ただ、自分がヘヴィロックのバンドをやっている時、やはり渋谷屋根裏をベースにしていたのですが、ここに200人(/一日)以上入れるってどういうことだ??と絶句した覚えがあります。

清志郎さんはサイクリストとしても有名でしたので、私はむしろそちらで親しみを覚えていたなぁ。

とにかく今はゆっくり休んでくださいとしか・・・・
辛いですね。
by Ryo (2009-05-07 07:56) 

せつこ

歳が若い・・・もっともっと楽しませてもらいたかったのに、残念の一言ですね。
by せつこ (2009-05-07 11:31) 

モッズパンツ

>>Ryoさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
おっしゃるとおり、身近に感じる有名人の訃報は親類のことのように毎回ショックを受けますね。復帰ライブをされた時は、わが身の事のように非常にうれしかったのですが、再度の復活が叶わず本当に残念でなりません。 (^ω^)b
そうそう、忌野清志郎さんといえば自転車ですよね。自転車の盗難事件は大きな話題になりましたね。w
イロイロなネット掲示板やYouTubeに書かれたコメントを見ても分かる通り、忌野清志郎さんは幅広い世代のファンに愛された偉大なロッカーであったことは間違いありませんね。これからも全てのファンの心の中で行き続けてくれることでしょう。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-07 22:47) 

モッズパンツ

>>せつこさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
58歳ですからね。本当に若過ぎます。忌野清志郎さんには70、80くらいまで、ステージで飛び跳ねて欲しかったですね。w (^ω^)b
忌野清志郎さんはステージ・パフォーマンスの天才というだけでなく、サービス精神が旺盛なアーティストで、これでもかっというくらいファンを楽しませてくれました。現在活躍中のミュージシャンの多くも忌野清志郎さんに影響を受けていることは間違いありません。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-07 22:49) 

北海道大好き人間

>「い・け・な・いルージュマジック」をリリース。PVでは派手なメイクの二人が男同士でキスをするなど
これは、忌野と坂本龍一ではなかったでしょうか?

>1988年、東芝EMIより発売予定だったシングル「ラブ・ミー・テンダー」とアルバム「COVERS(カバーズ)」が、収録曲の歌詞の問題で発売中止となったが
これだけを見た限りでは分かりませんが、内容が「反原発」でれば、レコード会社の親会社が原発に関わっているので発売中止になってもやむを得ないでしょう。

ところで、薬師丸ひろ子の「セーラー服と機関銃」は、シングルで発売された曲とアルバムで発売された曲で演奏が全然違うのは、前者がキティ発売で後者が東芝EMI発売だからなのです。そんなことを知らない私はCD(東芝EMIのみ)でキティ音源の曲を探したのですが、見つかりませんでした(今はCDでキティ音源を聴けるのでしょうか?)。

さて、矢沢といい忌野といい、独自の世界を築いた人ももう50台を超えているんですね。そういう私だって、いつの間にかアラフォー世代の真っ只中なのですが。キャロルのブログでも書きましたが、こちらに感化された人も結構いるのでしょうね。御冥福をお祈りいたします。
by 北海道大好き人間 (2009-05-08 21:48) 

モッズパンツ

>>北海道大好き人間さん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
アルバム「COVERS(カバーズ)」に収録されている「ラヴ・ミー・テンダー」と「サマータイム・ブルース」という曲が、反核・反原発的内容であるところから、東芝EMIに対して親会社の東芝から強力な圧力がかかり発売中止となったようです。しかし、この件はマスコミに大きく取り上げられたことから、発売を望むファンや世論の声が高まり、RCの古巣であるキティからの発売が実現したのだそうです。そして初のオリコン1位を獲得しました。w
その翌年にリリースされた、忌野清志郎さんの率いる覆面バンド・タイマーズの「ザ・タイマーズ」には、反核をテーマにした「LONG TIME AGO」が収録されておりましたが、なぜかこのアルバムに関しては東芝EMIから発売が許可されたようです。不思議ですねー。w (^ω^)b
2006年にユニバーサル(元キティ?)からCD Maxi「セーラー服と機関銃」(薬師丸ひろ子)がリリースされているようです。一応Amazonのレビューなどで確認してみて下さい。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-09 01:07) 

モッズパンツ

>>ブログをご覧の皆様へ


忌野清志郎さんの告別式

5月9日(土) 12時~13時 (関係者)、13時~18時終了予定 (一般)
東京都青山葬儀所(東京都港区)


NHK 特別番組
「愛しあってるかい?~キング・オブ・ロック 忌野清志郎~」
2009年 5月10日(日)午後11:30~翌日午前0:20(50分)・NHK総合

ロック界の頂点に君臨してきた“キング・オブ・ロック”忌野清志郎さんの偉業に敬意を表する特別番組。70年代からNHKの番組に数多く出演した忌野清志郎さんの貴重なライブ映像を中心にお送りする。また、5月9日の「葬儀式」に集まった仲間やファンの方々の思いを紹介し、偉大なロック・スターがいかに人々に愛されているかを伝える。

【曲目】「雨あがりの夜空に」「スローバラード」「トランジスタ・ラジオ」RCサクセション


NHK 特別番組
「SONGS 忌野清志郎ライブ完全版」
2009年 5月11日(月)深夜(翌日12日午前)午前0:45~午前1:35(50分)・NHK総合

2008年2月放送の「SONGS」スタジオライブの模様を、アンコールや、サウンドチェックのために演奏した曲など、未公開映像も含めて、完全版でお送りします。

<曲目>「ダンスミュージック☆あいつ」「雨あがりの夜空に」ーバラード」「毎日がブランニューデイ」「誇り高く生きよう」「JUMP」「上を向いて歩こう」


(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-09 05:21) 

北海道大好き人間

青山葬儀所は、有名人の葬儀会場として全国に知られていますが、35,000人とは驚きですね。
こう書いては何ですが、忌野でこの参列者ですから、矢沢の時には、これよりもっと凄いことになりそうな気がします。結構広い青山葬儀所では到底収まり切りそうにないので、日本武道館か東京ドームでやりそうな気がします。或いは、美空ひばりの時みたいに全国に献花台を設置して衛星回線で中継するとか…。

「セーラー服と機関銃」は調べてみます。

by 北海道大好き人間 (2009-05-09 20:35) 

モッズパンツ

>>北海道大好き人間さん

葬儀場に並んでいたのは30~40代が中心のようですね。最後尾まで行くのに30分かかったそうです。予想されたことですが、現在も長蛇の列になっているようですね。35000人では全く終わりません。今日中に終了することは不可能です。w
忌野清志郎さんのファン層は矢沢永吉さんのファンよりも平均年齢が5~10歳若く、女性ファンの比率も忌野清志郎さんの方が高いので、こういう場合は永ちゃんのファンよりも行動力があるような気がします。w (´∀`)ノ

忌野清志郎さんが惜しまれる理由は、やっぱりね、何といっても人柄だと思いますね。何というか、こう、勇気と優しさをわけてくれるんですよね。w
単なるミュージシャンということではなくて、オノ・ヨーコさんらとの活動や、反原発にとどまらず、様々な社会問題に真剣に取り組む姿勢を、皆が知っているんですよね。お金が好きな他の芸能人とは違います。w (^ω^)b

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-09 22:47) 

モッズパンツ

>>Mariaさん
nice!どうもありがとうございます!

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-09 23:11) 

Tad

引っ越し荷物が整理できたら、20年くらいしまいっぱなしのカセットやCDのサンプル盤を調べて、タイマーズが出てこないか探してみます(苦笑)

それにしても、、、早過ぎますよ、ホントに。

今日、やっとスタジオの結線作業をほぼ完了しました。カミサンには電線フェチだと思われてます( ̄▽ ̄;)
by Tad (2009-05-09 23:26) 

モッズパンツ

>>Tadさん

おー!お仕事柄、普通は入手することができないお宝をイパーイお持ちなのですね。いいなー。タイマーズは超お宝ですよ。w \(゚∀゚)/
スタジオの方も新たに始動開始ですね。ヤパーリ青い線が多いのでしょうか?w (^ω^)b

できれば私も忌野清志郎さんの青山ロックショーに参列したかったです。
。・゚・(ノД`)・゚・。
葬儀式の参列者は午後10時半の時点で4万3000人に達したようです。行列の長さは午後2時半ごろがピークで、葬儀所を取りまいた上、地下鉄乃木坂駅周辺に達し、最長約8キロに及んだそうです。弔問の受付は終電の時間まで続ける予定だそうですが、それでも終らないでしょうね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-10 00:05) 

Flatoutcool

ライヴ行かれたんですねぇ〜
82年だと僕は小学生高学年でした
ちなみに「ぼくの好きな先生」が好きです

by Flatoutcool (2009-05-10 01:52) 

kimiko

いつも、スバラシイ、絵をありがとうね~♪
あの絵☆描いてもらいたさにもっと更新したいんですが、
しばし、天使は休息しまーーっ!(*´艸`)ぷっ
また、楽しい絵を見にこっそり覗きにきますよ~!

昨日のロック葬もよかったねー☆
アイシテルよーキヨシロ―♡ 
by kimiko (2009-05-10 08:07) 

モッズパンツ

>>Flatoutcoolさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
RCサクセションとの出会いは本当に衝撃的というか強烈でした。忌野清志郎さんのように一貫した姿勢のミュージシャンはなかなかおりません。本当に偉大なロック・スターですね。w (^ω^)b
「ぼくの好きな先生」はとても和む曲ですよね。忌野清志郎さんの優しさを感じますね。私も好きです。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-10 15:15) 

モッズパンツ

>>kimikoさん

AAを喜んで頂けてうれしいです。ゆくーりリフレッシュして下さい。次の更新を楽しみにしております。w (^ω^)b
忌野清志郎さんの葬儀式「青山ロックンロールショー」は4万3000人を超えたみたいですね。天皇陛下を除く日本の有名人の葬儀式としては参列者数歴代2位となったみたいです。予想していたことはいえ、本当にビックリしました。w (´∀`)ノ

1位、hide(X-JAPAN)さんの5万人
2位、忌野清志郎さんの4万3000人
3位、美空ひばりさんの4万2000人
4位、坂井泉水(ZARD)さんの4万100人
5位、吉田茂(元首相)の4万人
6位、尾崎豊さんの3万7500人
7位、渥美清さんの3万5000人
7位、黒澤明監督の3万5000人
9位、石原裕次郎さんの3万3500人

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-10 15:17) 

モッズパンツ

>>ブログをご覧の皆様へ

NHK 特別番組
「愛しあってるかい?~キング・オブ・ロック 忌野清志郎~」
2009年 5月10日(日)午後11:30~翌日午前0:20(50分)・NHK総合

ロック界の頂点に君臨してきた“キング・オブ・ロック”忌野清志郎さんの偉業に敬意を表する特別番組。70年代からNHKの番組に数多く出演した忌野清志郎さんの貴重なライブ映像を中心にお送りする。また、5月9日の「葬儀式」に集まった仲間やファンの方々の思いを紹介し、偉大なロック・スターがいかに人々に愛されているかを伝える。

【曲目】「雨あがりの夜空に」「スローバラード」「トランジスタ・ラジオ」RCサクセション

     λλλλλ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (ヽ^Д^〉 Θ < パーポー、愛し合ってるかい?
    (ぃ9   ) |   \ パーポー、ガッタ♪ ガッタ♪
   /    ∧二つ     \_______
  /  /\ \  |
 /  /  / /  |
(_)  (__) |
         ┴

NHK 特別番組
「SONGS 忌野清志郎ライブ完全版」
2009年 5月11日(月)深夜(翌日12日午前)午前0:45~午前1:35(50分)・NHK総合

2008年2月放送の「SONGS」スタジオライブの模様を、アンコールや、サウンドチェックのために演奏した曲など、未公開映像も含めて、完全版でお送りします。

<曲目>「ダンスミュージック☆あいつ」「雨あがりの夜空に」ーバラード」「毎日がブランニューデイ」「誇り高く生きよう」「JUMP」「上を向いて歩こう」

        /\
      /   \    キヨシロー わしょーい
    / ∧_∧\
  / (´・ω・`) /\   わしょーい わしょーーーい
  \     /    \
    \ /   ∧∧∧∧
          (  ´/) ))ヽ∧
          /   /  /ω・`) ∧_∧
        ○(   イ○  (   ,つ・ω・`)   しょぼーん
        /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
       (_/(_/(_(_/ノ(_/⊂ノ> )J

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-10 15:33) 

こういち3

nice!ありがとうございます。
昨日は妻が大ファンなので一緒に行きました。
モッズパンツさんは、北海道に住んでいらっしゃるとの事!
ちょっと献花には難しかったですね。。。
昨日はうるうるの方が何人も行列待ちのところを通り過ぎ、斎場入りするとそこからぐるぐると長い行列でしたがそこでも泣いている方が多数いてこちらもちょっぴりもらい泣きでした。
献花のあとはまたまたハンカチを片手に。本当にファンに愛されていた方だと実感しました。
会場スタッフもファンを大事にされていることがひしひしと感じましたし献花も思ったよりゆっくり出来ましたので良い?お別れの会でした。
あらためて合掌です。


by こういち3 (2009-05-10 18:48) 

モッズパンツ

>>こういち3さん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
忌野清志郎さんの「青山ロックンロールショー」の写真レポート記事と、本ブログへのコメントをどうもありがとうございます。ニュースでは伝わらない現地の様子が細かく分かりました。涙が出てきます。諸事情により参列することができなかったファンの方が全国にいっぱいいらっしゃると思いますので、本当にありがたいです。w
(^ω^)b
忌野清志郎さんはミュージシャンとしてのセンスはもちろん、弱いものへの優しさを忘れない人柄と、間違っていると思われる事柄や強いものへ反抗する勇気を兼ね備えたアーティストだと思います。多くのファンが参列する気持ちが痛いほど分かります。NHKが今日明日と粋な計らいで特別番組を放送しますが、やっぱりNHKにも清志郎さんのファンがたくさんいるのでしょうね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-10 21:43) 

moonrabbit

( ‐人‐ )ご冥福を~。
by moonrabbit (2009-05-10 21:58) 

モッズパンツ

>>moonrabbitさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
忌野清志郎さんが70~80になってもロック・シンガーとして活動する姿を見てみたかったです。非常に残念でなりません。 (^ω^)b
RCサクセションの「多摩蘭坂」に登場する坂は、国分寺市と国立市をつなぐ多喜窪通りにある坂だそうですが、今やファンの聖地になっているようで、次々とファンが訪れているようです。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-10 22:43) 

こういち3

本日のNHKの放送はアナと地デジの2パターンDVDで録画準備OKです。
コピワン機種なので失敗防止のため、アナログでも念のためです。
献花式は一般参列で衛星中継車がアンテナを収納してましたが何度も行列を往復していました。斎場入り口には六本木ヒルズ方面に高~くマイクロ波用?アンテナを伸ばして送信しているのでテレ朝かと思いましたがNHKでした。19時のニュースでも結構な時間を割いていたらしいので社会現象として取材に力を入れていたと思いました。
また献花台の入り口には脚立にノートPCを乗っけてレポートを書いている記者も多数いました。
ヘリは4台は確認、産経新聞は女子2名で脚立片手に走りまわったり、渋滞を見ていてタクシーに追突するおねーチャンが運転するBMWがあったりで5時間の間にはドラマがありました。
載せていない写真も何枚かあるので後日アップしたいと思います。
ところでABBAもお好きなんですね!
私がコンサートに初めて行ったのはアバです。
追加公演でした。もう知らない人も居ますが伝説のグループでしたね。
叔母がひょんな知り合いからサインとスタッフワッペンをもらってくれましたが紛失してしまい(涙です)
by こういち3 (2009-05-10 22:43) 

モッズパンツ

>>こういち3さん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
おおー。これまた詳細なレポートをどうもありがとうございます。 \(゚∀゚)/マスコミの取材も熱が入っていたのですね。FPU中継ですね。六本木ヒルズからNHK本局にリレーしていたのでしょうか。7時のニュース見ました。新型インフルエンザがなければトップ扱いであったと思います。w (^ω^)b
ABBAのコンサートに行かれたのですね。スゴイなー。うらやましいですねー。サインとスタッフワッペンは貴重なお宝です。普通は手に入らないグッズですよね。残念だなー。私もABBA好きです。特に「S.O.S」とか「ダンシング・クイーン」が好きです。昔ディスコで踊りまくりました。w (・∀・)イイ

NHKの特別番組「愛しあってるかい?~キング・オブ・ロック 忌野清志郎~」見ました。もちろん録画しました。さすがNHK、クオリティが高かったですね。悲しいけれど、楽しみました。今日明日の放送のDVDはお宝です。w 。・゚・(ノД`)・゚・。
ブログ記事の続編を期待しております。お暇ができましたら、うpして下さいませ。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-11 00:22) 

サダー

リアルタイムで確かに衝撃的ではありましたが、当時のAOR好きからするとちょっと距離を感じるスタンスのまま今日にいたっちゃいました。
NHKのオーティスレディングの番組とか復活ライブもたまたまテレビで見ていて、けっこう感じる部分もあったのですが。。。。なんかとても残念ですね。
ご冥福をお祈りします。
by サダー (2009-05-12 00:31) 

モッズパンツ

>>サダーさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
今日もNHK特別番組「SONGS 忌野清志郎ライブ完全版」を見ました。これもお宝DVDになりそうです。この一週間、キヨシローを聴きまくりました。忌野清志郎さんと同じ時代を生きることができて、本当に良かったと思います。w (^ω^)b
ソウル・ミュージックのオーティス・レディングの番組が出てくるあたり、サダーさんはサスガにいろーんな音楽番組をご覧になっていらっしゃいますね。すごいなー。これからも、たまにキヨシローの曲を聴いて下さいね。w (´∀`)ノ

   ♪
♪   ∧ ∧ ♪   オーティスが~ ♪
    (,,゚Д゚).  ♪   教えてくれた~ ♪
     |つ[|lllll]).      オーティスが~ ♪
   ~|  |
    U U

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-12 01:57) 

モッズパンツ

>>ブログをご覧の皆様へ

忌野清志郎追悼番組 This Time「清志郎最後のアルバムレコーディング」
2009年5月18日(月曜深夜・翌日火曜午前)深夜1時10分~2時10分 フジテレビ系

2006年9月25日放送された「This Time忌野清志郎」をベースに、9日に行われた「青山ロックンロールショー」(お別れの会)の模様や、清志郎さんをよく知る各界の著名人(トータス松本、奥田民生、及川光博、ゆず、作家の角田光代、音楽評論家の渋谷陽一ら)からのコメントなどで再構成してお送りする。

2006年7月、清志郎さんが闘病生活に入る直前の5月下旬から6月上旬にかけてアメリカ・ナッシュビルで制作された、清志郎さん最後のアルバム「夢助」のレコーディングに密着。ギターショップでの風景からアルバム制作というクリエイティブな作業の現場の貴重な映像、そしてブルースの殿堂「B.B.KING’S BLUES CLUB」で日本人として初めて行ったライブでは、アルバム「夢助」から「激しい雨」、「残り香」、「ダンスミュージック☆あいつ」、を歌い上げている。また、清志郎さんのインタビューはもちろんのこと、友人らが「清志郎」について語るインタビューもお送りする。
        /\
      /   \    キヨシロー わしょーい
    / ∧_∧\
  / (´・ω・`) /\   わしょーい わしょーーーい
  \     /    \
    \ /   ∧∧∧∧
          (  ´/) ))ヽ∧
          /   /  /ω・`) ∧_∧
        ○(   イ○  (   ,つ・ω・`)   しょぼーん
        /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
       (_/(_/(_(_/ノ(_/⊂ノ> )J

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-14 15:05) 

モッズパンツ

>>lomoさん
nice!どうもありがとうございます!

(^ー^)ノシ

by モッズパンツ (2009-05-14 22:39) 

こういち3

nice!ありがとうございます。
ブルーライト・ヨコハマはガス灯イメージだった記憶があります。
ランドマークタワーのオープンですか?
横浜博のころで平成元年だと思います。
そのころの横浜とはすごく変わり別の町になりましたよ。
みなとみらいの観覧車も分解して場所移動しちゃいましたし
よくあんなものを再度組み立てる気になりますよね!

今更ですがタイマーズにはまってます。
デイドリームビリーバー をPSPで見ながら通勤して
なんて切ない声なんだろう・・・・と涙して聞いています。
http://www.youtube.com/watch?v=yfK3KLT9TwU


by こういち3 (2009-05-14 23:38) 

モッズパンツ

>>こういち3さん

ランドマークタワーの開業は確か平成5年夏だったと思います。その翌年に行きました。エレベーターの係員が全員アイドル級の可愛い娘ばかりで驚きました。その時は横浜港の見えるブリーズベイホテルに泊まりました。w (^ω^)b
デイドリーム・ビリーバー は良いですよねー。w (・∀・)イイ
エースコックのスーパーカップや、サントリーモルツのCMでも使用されました。青山ロックンロールショーの会場でもこの曲がかかっていたようですね。清志郎さんのタイマーズ・ヘルメットの写真を見るだけで涙が出ます。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-15 07:15) 

モッズパンツ

>>yutakamiさん
nice!どうもありがとうございます!

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-15 07:17) 

ZIPGUNS

ご訪問ありがとうございました(m_m)

モッズパンツさんの清志郎好きが
モノスゴイ伝わってきました!

改めて清志郎の声だったり歌詞だったり
パフォーマンスだったり
それらをひっくるめた優しい人間性が
大好きになりました(^ヘ^)v
by ZIPGUNS (2009-05-16 01:35) 

モッズパンツ

>>ZIPGUNSさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
忌野清志郎さんのRCサクセションは好きなバンドの一つでしたので、つい力が入ってしまいました。特に10代の頃はRCを本当に繰り返し聴きましたねー。w
(^ω^)b
そうなんですよね。ロッカーである清志郎さんの格好良さとはもちろん、父親・家庭人としての清志郎さん、そして弱きを助け強きを挫く優しさのある人間性は本当に魅力的であると思います。清志郎さんを知れば知るほど好きになりますよね。w
(´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-16 21:56) 

こういち3

前回と似たりよったりですが完全版(写真)としてお約束どおり
アップしました。よかったらご覧ください。
ところで「カバーズ」CDって生産中止だそうですね。
ヨドバシで注文しようとしたら言われました。
ネットで探したらまだありましたので早速。やっぱりありません!って
キャンセルにならないといいのですが。

先日のランドマークタワーの開業はモッズ・パンツさんの言うとおりです。
横浜博と同時なんて事はありえません。だって立てる前の更地をを会場としてつかったんですから・・・すいませんでした。
みなとみらいの向かい側にあった「あぶない刑事」の港署もランドマークが経つころに立替されちゃったのを思い出しました。
by こういち3 (2009-05-17 00:59) 

モッズパンツ

>>こういち3さん

貴重な写真の数々、完全版のUPを誠にどうもありがとうございます。さっそく見せて頂きました。やっぱり見ていて涙が出てきますね。 (´;ω;`)
やっぱり忌野清志郎さんのCDはチャートにランクインして来たようですね。遺作の「Oh! RADIO」も、6月にリリースされるようですが、これから関連のCDが続々リリースされそうですね。w (・∀・)イイ

港署はみなとみらいに設置されていたのですね。本牧とかもよく登場していたような気がしますので、管轄が広過ぎですね。w (^ω^)b
「あぶない刑事」はラストの赤レンガ倉庫前を走るシーンも格好良かったですが、覆面レパードのバック・ターンをしながら赤色回転燈を載せるシーンとか、カー・アクションも迫力ありましたね。また見たくなってきました。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-17 02:39) 

モッズパンツ

>>ブログをご覧の皆様へ

忌野清志郎追悼番組 This Time「清志郎最後のアルバムレコーディング」
2009年5月18日(月曜深夜・翌日火曜午前)深夜1時10分~2時10分 フジテレビ系

2006年9月25日放送された「This Time忌野清志郎」をベースに、9日に行われた「青山ロックンロールショー」(お別れの会)の模様や、清志郎さんをよく知る各界の著名人(トータス松本、奥田民生、及川光博、ゆず、作家の角田光代、音楽評論家の渋谷陽一ら)からのコメントなどで再構成してお送りする。

2006年7月、清志郎さんが闘病生活に入る直前の5月下旬から6月上旬にかけてアメリカ・ナッシュビルで制作された、清志郎さん最後のアルバム「夢助」のレコーディングに密着。ギターショップでの風景からアルバム制作というクリエイティブな作業の現場の貴重な映像、そしてブルースの殿堂「B.B.KING’S BLUES CLUB」で日本人として初めて行ったライブでは、アルバム「夢助」から「激しい雨」、「残り香」、「ダンスミュージック☆あいつ」、を歌い上げている。また、清志郎さんのインタビューはもちろんのこと、友人らが「清志郎」について語るインタビューもお送りする。

                  / /___________________
                 / /  _____                    /
                 / /  /       |                  /
                / /  /        |       ___      /
               / /  /   / ̄ ̄|  l    /⌒ヽ__ |     /
               / /  /   /   / /   ( ^ω^ )  | |    /
              / /  /    ̄ ̄ /     ノ/ /  ノ    ̄    /
             / /  /   / ̄|  ̄    // / ノ           /
             / /  /   /  | |    ( し'  ̄ ̄ ̄/      /
            / /  /   /   | |     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄       /
            / /  /   /    | |     サクセション   /
           / /    ̄ ̄     ̄ ̄                 /
           / /____________________/
   /⌒ヽ    (  ̄)
  ( ^ω^) / /   RCサクセションの記事と聞いて、
/⌒  _ / / /     世界中からみんなで飛んできたお
 \    //_/\     みんなで清志郎をお見送りするお
    ̄ ̄ ̄(_二_)      清志郎、ありがとう!愛してるぜぇ!


2009年5月22日(金曜)20:00~21:00

NHK BShi 『SONGS プレミアム 忌野清志郎』
昨年放送された「SONGS」をベースに他番組からの映像を加え放映。

     λλλλλ     / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    (ヽ^Д^〉 Θ < パーポー、愛し合ってるかい?
    (ぃ9   ) |   \ パーポー、ガッタ♪ ガッタ♪
   /    ∧二つ     \_______
  /  /\ \  |
 /  /  / /  |
(_)  (__) |
         ┴


2009年5月24日(日曜)14:00~

NHK BS-hi 『世界・時の旅人 君はオーティスを聴いたか 忌野清志郎が問う魂の歌』
過去に放送された番組の再放送。

   ♪
♪   ∧ ∧ ♪   オーティスが~ ♪
    (,,゚Д゚).  ♪   教えてくれた~ ♪
     |つ[|lllll]).      オーティスが~ ♪
   ~|  |
    U U


2009年5月31日(日曜)19:20~22:00

NHK FM 『サウンドミュージアム ありがとう忌野清志郎さん』
去年6月に放送した番組を再構成し放送。

        /\
      /   \    キヨシロー わしょーい
    / ∧_∧\
  / (´・ω・`) /\   わしょーい わしょーーーい
  \     /    \
    \ /   ∧∧∧∧
          (  ´/) ))ヽ∧
          /   /  /ω・`) ∧_∧
        ○(   イ○  (   ,つ・ω・`)   しょぼーん
        /ヽ  )) ヽ  )ヽ )と  , イ
       (_/(_/(_(_/ノ(_/⊂ノ> )J

(^ー^)ノシ

by モッズパンツ (2009-05-17 19:07) 

こういち3

nice!ありがとうございます。
やっとお約束が果たせ安心して眠れます。(笑)
そんなに喜んで喜んで頂けると幸いです。
特番も過去にはTVでは映像が流せない物もありますが今後も期待したいと思います。
先の話ですが一周忌に何かイベントをやってくれませんかね~。

先週放送した『愛しあってるかい?~キング・オブ・ロック 忌野清志郎』の
映像で箱根のイベントは妻は行ったと言い神妙な顔つきで見ていました。

by こういち3 (2009-05-17 22:35) 

モッズパンツ

>>こういち3さん

多くの貴重な写真を見ることができました。本当に感謝しております。 ∠(・∀・)アリガトーゴザイマス
明日のフジテレビの特番も見逃せませんね。ザ・タイマーズが「ヒットスタジオR&N」に出演した際の、「FM東京のうた」の映像は無理かもしれませんが、すごく期待しております。一周忌のロックンロールショーは、CDがチャートにランクインしているこの勢いで行くと現実にありそうですよね。w (^ω^)b
奥様は箱根のライブ行かれたのですね。いいなー。清志郎さんの熱烈なファンのお一人だったのですね。しっかりなぐさめてあげて下さいね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-17 23:47) 

さくママ

私は世代じゃぁないですが、我が家でパパが落ち込んでました(´・ω・`)
by さくママ (2009-05-28 09:49) 

モッズパンツ

>>さくママさん
nice!とコメントどうもありがとうございます!
だんな様はRC世代なのでしょうか。30代後半から40代くらいのおじさんおばさんは、本当に悲しんでおります。だんな様も家族の前で悲しい顔を見せないように頑張っているのかもしれませんね。w (^ω^)b
9日に行われた忌野清志郎さんの「青山ロックンロールショー」には、4万人を超える多くのファンが参列しましたが、あらためてその偉大さを再認識させられました。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-05-29 23:23) 

モッズパンツ

>>B-Hさん
nice!どうもありがとうございます!

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-06-04 00:31) 

モッズパンツ

>>noricさん
nice!どうもありがとうございます!

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-06-07 17:19) 

モッズパンツ

>>ムネタロウさん
nice!どうもありがとうございます!

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2009-08-12 17:39) 

雨香

私の友人が1ヶ月ほど泣いていました。もう1年前の事だったんですね。
リアルタイムでの活動を見ることは出来なかったけど、大ファンだと言ってました。私、その時も全く知らなくて。
先日って言っても数ヶ月前かな?写真展?のようなイベントにも参加してました。その時も泣いてました。とても影響力のある方なんだとは思っていましたが・・・
こちらでやっとどのような方だったのか、ほんの少し知る事が出来ました。
モッズパンツさまにとっても大切な思い入れのある方だったのですね。
by 雨香 (2010-05-09 23:54) 

モッズパンツ

>>雨香さん
nice!とコメントを、どうもありがとうございます!
なんと、雨香さんのお友達にも、忌野清志郎ファンの方がいらっしゃるのですねー。うれしいです。清志郎さんは本当に幅広い世代の方から愛されたミュージシャンだったのですね。w (^ω^)b
忌野清志郎さんはミュージシャンとしてのセンスはもちろん、弱いものへの優しさ、強いものや間違っている事へ反抗する勇気など、愛と正義、人間味の溢れた尊敬すべきアーティストだと思います。私の人生に影響を与えたミュージシャンの一人です。大好きでした。w
雨香さんも機会がございましたら、RCサクセションや忌野清志郎さんの音楽を聴いてみて下さいね。w (´∀`)ノ

(^ー^)ノシ
by モッズパンツ (2010-05-10 15:20) 

モッズパンツ

>>-micky-さん
nice!どうもありがとうございます!

(^ー^)ノシ

by モッズパンツ (2011-01-07 00:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。